All posts by admin

二冠馬ドゥラメンテ、中山記念で復帰

今年の皐月賞と日本ダービーを連勝して二冠馬に輝いたドゥラメンテですが、どうやら来春に行われる中山記念にて復帰のようです。

ドゥラメンテは父が変則二冠馬のキングカメハメハ、母がG1エリザベス女王杯馬アドマイヤグルーヴという超良血馬なのですが、その血に負けないくらいの強さとスケール感を持った馬なんですよね。ドゥラメンテが日本ダービーを完勝した時に、私はいよいよ日本馬がフランスの凱旋門賞を勝てる日が来たか!と本気で思いました。それくらいの強さだったんですよね。

ところがレース後に牧場で休養をしている時に骨折が判明。残念ながら年内の復帰は絶望的との報道が出ていました。
長年競馬を見てきましたが、この馬は久々に出たスーパーホースだと思います。
競馬という枠組みの中だけの収めておくのは非常にもったいないですね。
恐らく来年の中山記念から海外遠征へと歩みを進めるのでしょうが、一年遅れの凱旋門賞制覇を楽しみに2016年は過ごしたいと思いますね。

バンクイックの方が金利の適用幅に変更があったようです。限度額の幅によって適用金利も幅を持たせるということみたいですね。

もっと早く解雇判断をすべきだった

そもそもSTAP細胞が嘘だと分かっていた時点で、早々に解雇判断をすべきだったと思います。今になっての懲戒解雇相当というのは遅すぎるレベルであり、もう駄目だと本人でも分かっている時点で、早々に手続きを行って解雇すべきだと思います。今回の事件では、本人が辞めてからこのような判断をしているので、遅すぎると思われても仕方ありません。

一連の騒動を考えると、しっかりした人が対応していないことには、団体自体が腐ってしまうのかなと思います。それと同時に、企業と違って適当なことをしても、給料がもらえてしまうのはどうなのかなと感じます。働いている人の一部に過ぎませんが、こうした嘘をついて金を貰ってしまう姿勢には納得ができません。

今回の判断は遅すぎるのは当然ですが、本人に対してもっと踏み込んだ姿勢を見せないことには、世間の納得は得られないでしょう。今後は刑事告訴されているのがどのようになるか、そして最終的にどう終結させるのかが注目です。

「ルーズヴェルト・ゲーム」の手塚とおる。

「手塚とおる」がいい人の役をやっている。
衝撃を受けている人は恐らく「舞台」を観る人達だろう。
テレビによく出てくる人と言うよりは、舞台の界隈でかなりの有名人。
クセのある演技で人気を博している。

大概、どこかヌメっとした気持ち悪いポジションを担当してるはずなんだけど、
今回はめっちゃいい人のようだ。
「半沢直樹」で評判になったらしく(僕はその回を見逃がしている…悔しい。)、
今回の配役になったのだろう。
半沢放送当時は、トーク番組にも出てたりしたしね。

でも、やっぱり手塚とおるだなぁと思うのは、
前回、唐沢寿明と食堂でのシーンでのひとこま。
…明らかに椅子の座り方がおかしいのである。
普通、飯を食う時、椅子の腰掛け部に尻を下ろすと思うが、
そこは流石、背もたれ部に腰をかけ、何かをすすっていた。
そういう所が手塚とおるだなぁと思う。

ディレクションサイドもそういうクセがあることを上手く使ってか、
「データ野球」でチームを引っ張るという設定にしている。
非常に面白い。

因みに、本人にお会いしたこともあるが、怪しげな雰囲気はあるがとてもいい人である。

視聴率はあんまりふるっていないそうだが、僕は大好きなドラマである。

理化学研究所の調査委員長辞任について

いち時期、報道がヒートップして、大変な騒ぎになっていた「STAP細胞」に関するニュースなんですが、ここしばらくの間は見かけなくなっていたので、忘れ去っていたという人も多いのではないでしょうか?

そういう私も忘れ去っていたうちの一人でしたし、「STAP細胞」とか「小保方さん」などといったニュースに関しては、正直言って食傷気味だったんですけれども、このニュースを見て、報道がまた過熱してしまわないかと心配になってしまいました。

それはどんなニュースだったのかと言うと、「STAP細胞」の論文に不正があったと発表した、理化学研究所の調査委員長が辞任したというニュースだったんです。
辞任した理由なんですけれども、この人が作成した論文にも、画像の切り張りや使い回しがあると指摘されたからのようなんです。

このニュースを見て、個人的にはさらにさらにげんなりしてしまいました。私はど素人ですし、真偽のほどはよくわかりませんが、私たちの貴重な税金を使って、このような独立行政法人が存在していることとか、不正や改ざんなどといった文字が下品なゴシップのように面白おかしく取り上げられていて、報道がエスカレートしていることとかを、新しい治療方法ができることを心待ちにしている患者さんや、患者さんの家族が見たらどう思うんでしょうか?

また、海外の人が見たらどう思うんでしょうか?日本というと信頼できる国、日本人はマジメで正直で、不正などとは無縁というイメージを持っている海外の人も多いと思うのに、日本という国全体の信用失墜につながり兼ねないのでは?などと、一人の日本人としてものすごく恥ずかしくなりました。

ポイント戦争勃発か

現在街で使えるポイントとしては、Tポイントが挙げられる。これは多くの加盟店で利用できることもあって、ユーザーからは好評となっている。そんな中、楽天市場でのみ利用出来た楽天スーパーポイントが、ついに実店舗でも利用可能になったというニュースが入ってきた

楽天ポイントは、楽天市場でのみ利用できるポイントで、Tポイントよりもネットでは貯めやすいと言われている。実際にポイントが貰えるサービスは充実しており、簡単に1000ポイントを貯めることは可能である。しかし実店舗で利用できないため、使いどころが減っているという現状もある

今回の実店舗参入は、ポイントサービスの戦争が始まるのではないかと見ている。Tポイントに対して、楽天ポイントが何処まで戦えるかが注目となる。Tポイントはネットでは弱いと言われているが、実店舗では沢山貯められるので有利である。こうした状況を覆すほどの実力があるのか、楽天の手腕に注目していきたい
出来ればネットのポイントと兼任できるタイプになってくれるとありがたいが、そう上手くはいかないのかもしれない

バンクイックの評判

バンクイックの評判は上々です。
やはり三菱東京UFJ銀行という大手銀行のカードローンだけあって、安心感は消費者金融などと比べても段違いのようですね。

・大手なので安心感がある
・CMで好印象を持っていた
・金利が低い
・審査が早い

といった部分での評価が高くなっています。
CMは最近はあまり見かけなくなりましたが、一時は阿部寛さんと戸田恵理香さんが共演していた時には非常に多くの頻度で流れていました。
こういったことも印象の良さにつながっているのかもしれません。

バンクイックの審査情報

三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックの審査の一番の特徴は、最短30分で審査が完了することです。テレビ窓口があるATMならば最短40分でカード発行までできます。あっという間ですね。
証明書の類も、100万円未満であれば免許証だけでOKです。
しかも千円単位で借り入れが出来て、借入・返済は提携のコンビニATMから手数料無料で行うことが出来ます。時間帯や回数の制限はありません。
バンクイックカードには利用限度額がいろいろあり、利用限度額が大きいほど借入利率が小さくなります。