「ルーズヴェルト・ゲーム」の手塚とおる。

「手塚とおる」がいい人の役をやっている。
衝撃を受けている人は恐らく「舞台」を観る人達だろう。
テレビによく出てくる人と言うよりは、舞台の界隈でかなりの有名人。
クセのある演技で人気を博している。

大概、どこかヌメっとした気持ち悪いポジションを担当してるはずなんだけど、
今回はめっちゃいい人のようだ。
「半沢直樹」で評判になったらしく(僕はその回を見逃がしている…悔しい。)、
今回の配役になったのだろう。
半沢放送当時は、トーク番組にも出てたりしたしね。

でも、やっぱり手塚とおるだなぁと思うのは、
前回、唐沢寿明と食堂でのシーンでのひとこま。
…明らかに椅子の座り方がおかしいのである。
普通、飯を食う時、椅子の腰掛け部に尻を下ろすと思うが、
そこは流石、背もたれ部に腰をかけ、何かをすすっていた。
そういう所が手塚とおるだなぁと思う。

ディレクションサイドもそういうクセがあることを上手く使ってか、
「データ野球」でチームを引っ張るという設定にしている。
非常に面白い。

因みに、本人にお会いしたこともあるが、怪しげな雰囲気はあるがとてもいい人である。

視聴率はあんまりふるっていないそうだが、僕は大好きなドラマである。